さまざまなインプラント治療の問題点

Page breadcrumbsEnd of page breadcrumbs

さまざまなインプラント治療の問題点をさまざまな情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという説があったのではないでしょうか。
でも、気にしなくて良いです。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を創ることです。
金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、MRI検査への影響はありません。
インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあるんです。一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することがその後の治療に関わる重要な問題です。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があるんです。インプラント治療の成功を願うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではしっかり禁煙(禁煙外来では、一定の条件を満たしている場合、健康保険が適用されます)するべきでしょう。インプラントの利用を考える際に、口の中が腫れて痛向ことを心配する人も多いようです。
この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れが中々引かないという時は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、それらのパーツの構成により、何種類かのタイプがあるんです。
骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあるんです。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特質が異なります。インプラント治療のしゅうりょうは義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も指示された間隔で歯科医によるメンテナンスをうけなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うことを指示されます。この定期検診に必要なお金は保険がきく治療がほとんどなので、約三千円とみればいいと思います。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の費用を支払うことになります。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行なう検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の技量は厳しく問われるのでとっても治療実績には差があると考えられます。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、替りにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
インプラント治療をうけようとすると、すべて自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。典型的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えていいと思います。