インプラントとクラウンの決定的な相違

Page breadcrumbsEnd of page breadcrumbs

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などが原因で、大聴く歯を削った場合でも、根のケア次第で上からすっぽりとクラウンといわれる義歯をはめ込んでいけます。
根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
おおむね保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるため何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、自由診療のため、歯科医師院によっても費用が異なることは持ちろんです。
また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。
インプラント治療による危険性をいろんな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。
それは本当のことではありません。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を創ることです。金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプに分類することができます。
インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。
他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプといわれるものがあります。
よりメジャーである2ピースタイプは、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視して欲しいのは歯科医師と歯科医師院をどのように選ぶかです。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためとにかく沢山のインプラント治療にあたってきた経験をもつ歯科医師の診療を受けるなさってくださいね。
それは持ちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。新たな歯科治療の形として注目を集めているのがインプラントです。
しかし、留意すべき点もあるのです。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるりゆうではないことです。
インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
ガンで治療を受けている方や、糖尿病(自覚症状はあまりないことが多いですが、合併症により深刻な後遺症が残ったり、死に至ることもあります)、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
一般的な規模の歯科医師院で、外来診療を受けた普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。その点を踏まえ、歯科医師院選びのときに、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。院内感染防止の対策をサイト内で述べている歯科医師院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。
インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っているためです。
インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大聴くなります。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーをもつ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医師に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。